クリニックについて
院長紹介|一言コラム

2018.06

目に見える苦しみと、目に見えにくい苦しみ

 私が31歳のとき、横浜甦生病院ホスピス病棟に赴任してまだ半年も経たない1995年1月17日に阪神・淡路大震災がありました。見慣れていた光景が一変し、多くの人が被災に遭いました。私も、いても立ってもい…
続きを読む▼

2018.05

プラスの連鎖が社会を変える

人口減少時代は、従来の社会保障の制度を根幹から揺るがすほどのインパクトを与えることが予想されます。今のままでは、多くの国民には、厳しい将来が待っているかもしれません。在宅医療に従事しながら、いつもこの…
続きを読む▼

2018.04

あなたに会うために、今までのすべてがあった

医師になって間もなく32年目を迎えます。思えばとても医学部入れるような成績ではありませんでした。高校3年生になって受けていた模擬試験はことごとく合格の可能性5%未満、志望校変更が望ましいが続きました。…
続きを読む▼

2018.03

本気で社会を変えたい

超高齢少子多死時代に向けて、人生の最終段階に対応できる人材育成の活動を行ってきました。その中で、いつも気になっていたことがあります。それは、社会に良さそうなことをしているだけなのか、それとも本気で社会…
続きを読む▼

2018.02

わかることばで伝える重要性

診療・介護報酬同時改定が2月に発表されました。今回の改定では予想通り介護施設を含む在宅看取りを推進する改定となりました。特別養護老人ホームでは、看取り介護加算をしている場合でも在宅療養支援診療所側にも…
続きを読む▼